2012年05月22日

めずらしく…お土産

夫が仕事で草津市に。
image-20120522210502.png

珍しくお土産を買ってきた。

乳房の形のお餅です。



うばがもちは
永禄年間(1558〜1569)に生まれた。

近江源氏佐々木義賢は時の信長に滅ぼされたが
そのなかに三才になる曽孫もいた。
義賢は臨終の際、乳母、福井とのに後事を
託す。郷里草津に戻ったとのは
餅を作っては売り、養育の資とした。


そして誰いうことなくついた餅の名前が
姥(乳母)が餅ー

箱を開けて子ども達は
大爆笑でしたが
歴史のある銘菓のようです。




大人旅歩き旅でも
でてたよ。と子ども達。

渋い番組みてるんだと
笑ってしまいました。


甘さひかえめで
美味しかったです。









レシピブログ&人気ブログランキングに参加しています。
「ポチっと」お願いします。励みになりますので応援してください!






posted by きょんこ@ at 21:44| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。